<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 朝から愛知のセフレは明日も頑張ります | main | 気分を大切にした五反田の出会い >>

危険な自由があった五反田の出会い

0

    事務所でコーヒーを飲んでいたところ、誤って飲み込んでしまったため、しばらく動けないほどの痛みで吐き出してしまいました。
    事務所の姉二人が「どうした?大丈夫か?」と急いで床を拭いた。

    吐き出して風邪の危険があり汚いのに嫌な顔をしないお姉さんたち。

    五反田出会い
    泣きそうになったのでとても感謝していました。五反田の出会い

    おみやげとしてお礼の贈り物にしたいのですが、50代の女性は何に喜んでもらえますか?
    この種の素材をアップロードすることも可能です
    勇気が必要です。 (^^;

    五反田の出会い
    今。

    SMといえばどんなイメージを思い浮かべますか?
    ホイップ?
    キャンドル?
    ロープ?五反田の出会い
    それぞれが象徴的なアイテムですね。五反田の出会い

    ホイップ。これは程度の問題ですが、他の人にとっては苦痛です。その意味では、私の好みではありません。

    キャンドル。これも痛みの大きな部分です。実は気温はそれほど高くないので、好きな人は気に入っているようです。それはさておき、キャンドルのせいは私にはあまり美しくなく、後処理も難しいので、あまり行っていません。

    そしてロープ。これを拘束具として使うと痛いです。それは痛みを与えるためだけでなく、自由の体を奪うためのツールにすぎません。誰もが自由を奪われて怖い。そこでは信頼関係が絶対に必要です。そして、信頼関係に支えられた適度な恐怖感も喜びを増幅させます。

    ロープには、拘束以外にも用途があります。
    亀甲綴じに代表される飾り縄です。五反田の出会い

    ロープを持つ女性は皆美しい。

    初心者向けの目隠しもあります。目隠しはまた、何が行われるかを事前に知らないという恐怖を生み出します。五反田の出会い

    aisehutee9 * 五反田 * 11:30 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ