<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 愛知のセフレに残す言葉はありません | main | 明日はランチをいただく五反田の出会い >>

愛知のセフレは最初の思い出を思い出した

0

    私は思い出した。

    2冊の本は印象的です。

    最初の思い出は、10代のときに買った広辞苑です。

    バージョンと呼ばれるもの。

    中古で愛知のセフレです。

    当時、携帯電話やパソコンはありませんでした。

    私が持っていた唯一のコンピューターは愛知のセフレのCRTでした。

    とりあえず辞書が欲しかったので古書店で古書店を買いました。

    愛知のセフレ、確かに甲子園はそうだと思います。

    次に覚えているのは、20代で買った小林秀夫の本「信長本井」です。

    これは4000円です。

    当時、純粋な文学に夢中になり、坂口安吾、中原中也、太宰治とともに小林英雄にたどり着いた。

    aisehutee9 * - * 14:59 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ